スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤとは雪道の走行に適したタイヤで、路面温度が低くても硬化しにくいゴム質でやわらかく細かい溝がついているのが特徴です。
このやわらかさと細かい溝が雪道でもしっかりと路面を捕らえることができるため夏用のタイヤよりはるかに雪道でのグリップがよくなります。

これで雪道を走るとその差は歴然、夏用のタイヤは滑って走ることができない路面も走ることができます。
夏用のタイヤはアスファルト路面でその威力を発揮しますがそれとは違って雪道といった路面が悪い状態でもパワフルに走ることが出来るのです。

しかしながらこのタイヤを年中使うのはあまりお勧めできません。それはやはり柔らかいゴム質であるということなので摩耗がはやいということと、劣化してしまうということがあります。
やはり柔らかいタイヤということなので、高速道路なのでも多少ふらついたりすることもあります。

また山道などのグリップも柔らかいということだけでなく、細かい溝が多いということからややグリップ力が不足するということにもなります。

そのため路面状況に応じて路面温度が高くなるような夏場は夏用の通常タイヤを使用して、冬用のタイヤと切り替えるのが理想で特に雪の時期に冬用タイヤを使用するといいでしょう。