スタッドレス以外のタイヤ「サマータイヤ」

ふきのとう自動車のタイヤは大きく2種類あります。それは冬用として使用するスタッドレスタイヤと夏用として使用するサマータイヤがあります。
冬用タイヤは雪道などでも走行できるように柔らかいゴム質で細かいトレッドパターンとなっていて、雪道でも雪にくいついて走行するように設計されているます。

タイヤが柔らかい分乗り心地やふわふわしている感じとなります。乾いた路面の山道などはグリップ力がやや落ちます。
雪道で夏用のタイヤを使用してもスリップして走行することができずとても危険なのです。
夏用のタイヤはトレッドパターンが大きく乾いた路面でグリップするように設計されています。

また山道などでもよくグリップするので走行しやすい設計となっています。夏用タイヤはグリップする分摩擦によって磨耗しやすいことにもなります。
最近はエコタイヤと呼ばれるように燃費を考慮した設計のものがあり、これは転がりやすいタイヤとして設計されており、その分燃費がよくなるというものです。

またミニバン専用の夏用タイヤというものもあります。ミニバンは車体の作りからどうしても横揺れしやすいためタイヤの外側に重量がかかってしまい、肩べりとなってしまいますが、外側を固くして肩べりしにくい設計にしているのです。