オールテレーンタイヤ(オフロードタイヤ)とは

オールテレーンタイヤ(オフロードタイヤ)とは全地形タイヤとも呼ばれるタイヤの一種です。四輪駆動車に取り付けられていることが多く、特定の季節に限らず走れるためオールシーズンタイヤとも呼ばれます。

元々の別の意味合いをもつ言葉でしたが4WDやSUVに装着されることが多く、現在ではオルーテレーンタイヤとオールシーズンタイヤは同じ意味で使われています。現在では日本を走行するほとんどの車は塗装化された滑らかな道路を入るため、オフロードに特化したものではなく、マッドテレーンタイヤとノーマルタイヤを折衷したようなタイヤが人気を集めています。

オールテレーンタイヤは通常の乗用車に装着されているタイヤと比べると、荒めのタイヤの表面を持ち、塗装された道路だけではなく、ある程度の積雪面での走行やオフロード走行にも秀でています。

従来のものはサイドウォールやカーカスコードが通常のタイヤとほぼ同じような構造をしていたのに対し、現在では様々な改良を重ねたことにより塗装した道路はもちろんある程度までのオフロードでも問題なく走れるようにできています。

従来は塗装された道路を走る際の燃費の向上やノイズの低減を目的に作られていましたが、現在では高速走行に対応するためハイウェイテレーンタイヤが人気です。