コンフォートタイヤの特徴

車のタイヤは目的に合わせて様々な種類があります。その中の一つコンフォートタイヤは、その名の通り快適性を重視したタイヤのことを言います。快適性というのは、様々な要素から成り立ちますが、まず重要なのは乗り心地です。路面からの衝撃を吸収し、ごつごつ感を極力抑えた作りになっています。

静粛性も高く、不快なロードノイズを抑えています。また、スポーツタイヤほどのグリップ力やスポーツ性能はありませんが、それでもスタンダードタイヤと比べると、走る、曲がる、止まるといった基本性能のバランスが非常に高く、タイヤメーカーが製造販売しているタイヤの中で、フラグシップモデルとして位置づけられていることが多いです。

このような快適性を重視したタイヤは、一般に高級車に標準で装着されており、ボディ自体の快適性と相まってさらに快適な乗り心地を提供してくれますが、大衆車に装着するのも悪くはありません。というのは、ワンラック上の快適性を手に入れることができるので、高級感が増すからです。

また、標準仕様のタイヤがごつごつして好きになれない場合も、コンフォートタイプのタイヤに付け替えることによって不快に感じていたごつごつ感を解消することができます。